もっと気軽で大丈夫!ストレスとの上手な付き合い方

よりよく生きるための心療内科

ストレス社会において、心療内科の看板を掲げたクリニックもよく見かけることが浸透しつつある昨今です。何も、心療内科は怖いところではありません。心身の不調を感じたら、「薬なんかもらっても無意味だ」「カウンセリングで話しを聞いてもらっても仕方がない」ではなく、セルフケアをする上でのひとつの方法として、上手に心療内科を使ってみてほしいと思います。よくなる可能性が開けていく前から、薬やカウンセリングなど心理療法に対して否定的な先入観を持ってしまうこともまた、もしかしたら心身の不調がもたらしている症状のうちということすらあり得る場合もあります。

自分に合っている治療法を選ぼう。

心療内科での治療は、薬物療法がメインとなることが多いですが、クリニックによってはカウンセリングも導入しているところもあります。初めて心療内科に行く場合で抵抗を感じがちな投薬についても、自覚症状や、どう生活に支障を来しているかなどを医師にお話しした上で、処方されたお薬を調節してもらうことが大切です。どちらかというと心理的な問題でストレスを感じている場合は、カウンセリングが有益です。整理がつかない気持ちだからこそ、お話しを聞くプロのカウンセラーに遠慮なく吐露し、心の毒を掬い取ってもらうことができます。投薬とカウンセリングの両者を併用する手もあります。いずれも、経済面、症状面などに適切なアプローチをしていくことが大切です。

カギは、多少割り切ることにある。

つらいストレス症状からの解放を願うからこそ、一度の診察ですべてが解決する期待を持つのではなく、「少しでも楽になればいい」ぐらいの気軽さで、ほんのちょっとの勇気を出して身近な心療内科の門を叩いてみましょう。メンタル関係の病気は、風邪などと違ってどうしても治療も長期的になることが多いため、長らく通院していると、初めはお話しをよく聞いてくれた医師も、投薬がメインとなってきます。そうなるとだんだんと、通う側も薬をもらいにいっているような感覚になってきます。そこで、医療とは、ある程度そういうものだと割り切ることも大切です。そうすることで、むしろかえって気持ちの上で整理がつき、通院していることについて余計なストレスを回避することができるようになってきます。

岡山の心療内科はカウンセリングによって相談も丁寧に聞いてくれるので、適切な処置によってストレスの解消や症状の改善が目指せます。