企業には一人はいる!?最近多いうつ病の社員

職場環境が原因のケースも多いうつ病

うつ病を発症するケースが最近は多くなってきています。その多くは会社員であることが多く、会社でのストレスが原因になることが多いです。うつ病になった場合には薬で治療する方法が主になりますが、会社勤めをしている人については、職場環境自体が病原になることが多く、診察した医者の中には、会社をしばらく休んで自宅療養を勧めるケースもあり、その発症の原因となる職場から遠ざけることでより治療に専念して早期に治療することを考える医者もいます。

うつ病の患者への接し方

うつ病で自宅療養をすることになり会社を休む場合には、会社の対応としては気軽に本人に電話をして状況を確認することは避けるべきことです。会社にうつ病が発症した原因があることが多く、その会社から接触があること自体、うつ病を悪化させる可能性があるためです。そのために、間にうつ病などの病気で会社を休んだ場合のカウンセリングをおこなっている施設を介して状況を確認している企業も多いです。また会社から連絡するにしても人事担当などのように窓口を一本化しているケースがほとんどです。

うつ病の基本的な治療方法

多くの場合には自宅療養でしばらく会社と接触を絶つことと、定期的な薬の摂取で改善することが多いです。会社から離れることで気分的なリフレッシュ効果もあります。また間に専門施設のカウンセリングを入れることで、患者の考え方を知り、誤った方向で考えているのであればそれを正す方向にいくように指導します。うつ病は風邪にたとえられることが多いですが、それほどよくあることで、また治すことも可能ですので医者の指導に沿って治療をおこなうことが大切です。

現代社会はストレス社会言われています。知らず知らずのうちに自分の心も悲鳴をあげているかもしれません。まずは、うつ病チェックで自分の心の状態を確認してみるのがお勧めです。